フィラリアの薬はどうして必要なの?

アドボケート通販サポートルームの閲覧ありがとうございます!アドボケートの不安感や質問事項をスッキリ解消!完全初心者が心配していることもこちらのインターネットサイトではすぐ解決できるはずです! - フィラリアの薬はどうして必要なの?

アドボケート通販サポートルーム

フィラリアの薬はどうして必要なの?

フィラリアは、蚊を媒体にして感染する病気です。室内で飼育される犬でも油断はできません。フィラリアは感染してしまうと治療が難しいとされています。また、最悪の場合は命を落としてしまうことにもなりかねません。愛犬の健康と命を守るためにも、予防のためにフィラリアの原因と症状、予防方法を知ることが大切です。

フィラリアの原因と症状

フィラリアは、犬糸状虫とも呼ばれている、蚊を媒体にして感染する寄生虫です。犬が犬糸状虫に感染すると、犬の体内で幼虫のミクロフィラリアが繁殖します。感染した犬を蚊が吸血すると幼虫とともに吸血し、幼虫は蚊の体内で脱皮をし成長します。幼虫が寄生している蚊が犬を刺すことで、刺された犬はフィラリアに感染してしまいます。犬の体内で成長したフィラリアは心臓や肺動脈に寄生します。フィラリアに感染してもしばらくは目立った症状は見られません。症状が進行するにつれ咳、息切れ、食欲の減退、呼吸困難などが見られ、さらに腹水や肝臓、腎臓の障害が現れます。

フィラリア予防薬の重要性

フィラリアは感染してしまうと、治療が難しいとされています。フィラリアの成虫は約10?30cmの長さがあり、心臓や肺動脈に寄生したフィラリアは手術で取り除くか、駆虫薬を長期投与して治療します。
自己判断で駆虫薬を投与すると、死んだフィラリアが肺へ流れ犬が死亡することもあります。フィラリア投薬の前には、必ず獣医へ相談、血液検査が必要です。
愛犬の命を脅かすことにもなるフィラリア感染は、しっかりと予防薬の投与をすることで100%防ぐことができます。愛犬の健康を守るためにも、予防薬の投与が大切になってきます。

まとめ

フィラリアは蚊を媒体にして感染するので、屋外で飼育されている犬は感染の確率が高くなってしまいますが、室内で飼育されている犬も感染の危険性は十分にありますので、しっかりと予防することが重要となってきます。万が一、フィラリア感染の症状が出た場合には、必ず獣医の診察を受けることが大切です。

アドボケート通販サポートルームTOPへ