仔犬はフィラリア予防の薬はいつから飲ませるの?

アドボケート通販サポートルームの閲覧ありがとうございます!アドボケートの不安感や質問事項をスッキリ解消!完全初心者が心配していることもこちらのインターネットサイトではすぐ解決できるはずです! - 仔犬はフィラリア予防の薬はいつから飲ませるの?

アドボケート通販サポートルーム

仔犬はフィラリア予防の薬はいつから飲ませるの?

フィラリアは、重篤な症状を引き起こし最悪の場合は愛犬を死に至らしめる怖い病気です。しかし、フィラリアは薬でしっかりと予防することができる病気でもあります。仔犬の時からしっかりと予防して愛犬を守りましょう。

フィラリの薬の投薬時期と期間は?

犬の予防しなくてはいけない病気にフィラリアがあります。フィラリアは別名で犬糸状虫と言い、心臓や肺の血管に寄生する虫です。フィラリアは、感染してすぐに症状は現れませんが、症状が出た時には重篤化しており最悪の場合は死に至る病気です。フィラリアは蚊を媒体にして感染します。フィラリア幼虫を持った蚊が犬を刺すことによって体内へと感染してしまします。フィラリアの予防は、地域や気候により若干投薬の時期が変わってきますが、蚊の活動が確認された1ヶ月後から、蚊がいなくなった1ヶ月後のおおよそ5月?12月までが投薬期間となります。

仔犬のフィラリア予防はいつから?

フィラリアの予防薬を処方してもらうには、成犬の場合は感染していないか血液検査を行う必要があります。しかし、6ヶ月未満の仔犬は蚊の活動時期には生まれていないため、ほとんどの仔犬が検査の必要がありません。また、前年12月から3月の寒い時期に生まれた仔犬も検査の必要がありません。血液検査は次の春から行うことになります。仔犬は生後3ヶ月くらいから投薬が可能となりますので、かかりつけの獣医と相談して、しっかりと予防することが大切です。薬には、スポットタイプと、年1回の注射、月1回の内服薬があります。成長中の仔犬の場合は、スポットタイプか内服薬での予防となります。

まとめ

フィラリアは、重篤な症状を引き起こし、愛犬を死に追いやる病気ですが、しっかり投薬することで100%感染を防ぐことができる病気です。愛犬に健康で暮らしてもらうためにも、生後6ヶ月以上の仔犬は必ず血液検査を受けた後に、予防薬でしっかりとフィラリアを防ぐことが大切です。

アドボケート通販サポートルームTOPへ